トルコリラ


FX取引で話題のトルコリラについての記事を更新していくカテゴリです。





トルコリラ暴落 相場の変動要因4 大統領発言の影響が大きすぎる
トルコのエルドアン大統領は、選挙で再選されたことで権力強化を進めています。この権力は中央銀行にまで及んでおり、金利を下げるように圧力をかけています。 エルドアン大統領は「投資を呼び込むためには利下げが必要」「インフレを防ぐには利下げが有効」という考えがあ
トルコリラ暴落 情勢に注意を払う
今までの配信では失業率(雇用統計)、貿易収支、政策金利とインフレの関係、大統領発言の影響といった、相場の変動の主な要因と考えられるものについてお伝えしてきました。 これまでのものだけでも、FXを勘に頼らずに取引するためには、知っておくべきことが多くあるこ
リスクを多く含むトルコリラ 経済成長のポテンシャルに期待
トルコリラは表面上の金利だけを見ればとても魅力的な通貨ですが、エルドアン大統領の独裁体制やテロが起きやすい情勢、貿易収支の赤字など、多くのリスクを含んでいることもお分かり頂けたかと思います。 これは他の高金利通貨についても、程度違いはあれど同じようにいえ
今後トルコリラでFXするならどんな運用がいいか
今後トルコリラでFX取引をする場合は、レバレッジや資金に余裕を持たせる、情勢をよくチェックするなど、リスク管理が非常に重要になります。運用方法については、長期のみや短期のみだったり、長期と短期を組み合わせるなど、人によって様々だと思います。 まだ取引に慣
トルコリラ暴落から学べることを活かして安定的に運用する
可能な限り安全に運用するために知っておくべきこととして、失業率(雇用統計)、貿易収支、政策金利発表、大統領など要人の発言、情勢に注意を払うことが重要とお伝えました。 さらに言えば、FX取引を行う通貨の国のことさえ把握しておけばいいというものでもなく、経済
多くの日本人投資家がトルコリラでやられた理由
さまざまな要因が絡んで、トルコリラは史上空前の暴落状態となっています。すでに通貨危機と呼べるレベルですが、ギリシャ危機の時のように不安を煽るような報道はあまり見られません。 おそらく最もトルコリラの暴落であおりを食らっているのは、日本人のFX投資家ではな
多くの日本人投資家がトルコリラでやられた理由その2
豪ドルとNZドルの長期保有によるスワップトレードがその後どうなったのかというと、何度かあった急激な円高でほとんどのポジションがロスカットとなりました。 古くはサブプライムショック、最近だとBREXIT、トランプ大統領の当選あたりでしょうか。いずれも過激な
多くの日本人投資家がトルコリラでやられた理由その3
すでに損切りやロスカットによってトルコリラ円の買いポジションを手放した方は、これ以上やることはありません。ドテン売買といって買いから売りに転じて最安値を更新しているトルコリラのデイトレードに打って出るのも一考でしょう。ここでデイトレードと敢えて述べたのは、トル
<< 前ページ | 1 | 2 |