FX取引で話題のトルコリラとは

FX取引に詳しい方は知っている内容が多いと思いますが、トルコリラとは何なのかおさらいしていきます。

トルコリラはトルコ共和国の通貨で、トルコ共和国中央銀行が発行しています。現在の金利は17.75%で、日本の金利0.1%と比較すると非常に高水準の金利が魅力の通貨です。通貨にはメジャー通貨とマイナー通貨があり、トルコリラはマイナー通貨に分類されます。マイナー通貨とは限られた地域で取引される通貨で、取引参加者が少なく、取引量も少ない通貨のことです。

また、トルコリラは新興国通貨とも認識されています。新興国通貨とは、経済的に発展途上であったり、急成長している国の通貨のことをいいます。

トルコは資源が乏しく、工業物を生産しようにも原材料を輸入する必要があります。そのため、金利を高くすることで資金を集めている状況です。また、資源が乏しいことによるインフレを抑えるために外貨を集めたいことも、高金利政策の要因となっています。