FX会社とは

FX会社とは、FX取引を行うための口座を開設してFX取引を行う業者のことで、FX取引業者とも呼ばれます。FX業者は近年様々な業界からの参入があり、FXと専門とする金融会社のほかに、大手の銀行やネット銀行、そして大手証券会社などもFX取引業者として登録しています。

FX会社とは大きく分けて、銀行系、証券系、FX専門の業者の3タイプがあります。これらのタイプには、それぞれメリットとデメリットがあります。例えばFX専門の業者は取引の手数料や安く、様々な商品があるのが特徴です。一方、銀行系、証券系は、FX専門の業者に比べて手数料が高めなのですが、株式投資や債券投資なども一緒に管理することができるため、資産の管理がしやすいといったメリットがあります。

FX会社は会社によって様々な特徴があります。例えばスマホ用のアプリの機能が優れて初心者にも便利であったり、口座開設の手続きが簡単で開設が早かったり、スプレッドの幅が狭く手数料が安いところであったり、チャートが見やすい、デモトレードが用意されているため、そこで練習してから実際のFX取引を行うことができる、電話相談窓口があるなどFX会社ごとにサービス内容が異なります。

そのためFX会社を選ぶ場合は、FXの特徴を確認し、自分にあったFX会社を選ぶことが大事です。つまり、FX会社とはFX取引の重要なパートナーだということです。






|