チャート機能は何があればOK?

テクニカルチャートが何種類あるのかというのは、FX取引会社が提供している売買システムの性能を決める大きな要素と言って良いでしょう。しかし、おそらくほとんどの投資家が全てのチャートを使っているわけではないと思います。

移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、フィボナッチリトレースメント、RSI、MACD、ストキャスティクス・・・有名なものはこのあたりでしょうか。これ以外にもたくさんのチャートがありますが、それぞれどのチャートを使うかは好みの問題です。

現在、主要なFX取引会社のほとんどはこれらのチャートを全て揃えています。よって、誰もがよく遣っているチャートを使うだけなら取引会社間の差はないように見えます。
しかし、同じチャートがあるからと言っても使い勝手が同じというわけではありません。チャート画面の色使いや大きさ、そこに線を引くための機能など、同じチャートであっても使い方によるクセの違いはかなりあります。
よって、FX取引会社をチャート機能で選ぶ際には何のチャートが揃っているか、という点よりもチャート機能の使い勝手で選んだほうが後々になって役立つと思います。

もちろん、ちょっとマイナーなチャートを使いたい人にとっては、そのチャートがあるかどうかが重要になるので、この限りではありません。

筆者の個人的な好みとしては、できるだけ線を記入できるチャートが良いと思います。自分なりの相場観や分析力を養うには、どんどん線を引くのが一番だからです。